インドネシア産ヒラタ紹介

インドネシア原生林個体

Aceh Gayo Lues Blangkejeren                   Gumpang グンパン産

img_20170517-142435.jpg

Aceh Gayo Lues Blangkejeren
ブランケジェレン産


img_20160917-185513.jpg

SULAWESI  BANGGAI バンガイ島


img_20140314-173207.jpg

SULAWESI Peleng ペレン島


img_20131128-172545.jpg

ACEH  KARANG BARU Tamiang
アチェ カランバル タミアン 


img_20131128-171456.jpg

SUMATRA UTARA・Sidikalang  スマトラ ウタラ・シディカラン

天然92mm この個体で特筆すべきはヒラタらしい上から押しつぶしたような平べったい体型でF1でどのような体型が出るか興味深いところである。プロナスより少し点刻が粗い。


img_20130629-143300.jpg

SULAWESI TENGAHの離島  スラウェシ テンガ  

天然97mm あくまで現状であるが、内歯上がりで現時点最大になるであろう産地。ブリードするとフィリピン産よりアゴが太くなるのが魅力。
また、スラウェシ本島よりツヤがある。(スラウェシ産は首元が細い傾向があるのに対し、この離島はフィリピン産のように寸胴で太い。アゴはスラウェシ産は直線的が多いが離島産は若干湾曲する傾向がある)


img_20130629-142710.jpg

ACEH TENGGARA・Pulonas  アチェ テンガラ・プロナス

この画像はブリード個体。天然で90mm後半が多数採集されている。ブリードでも、それ以上や100mmUPの個体が羽化している有望産地の一つ。当店内で標本展示している。

 
img_20130222-160625.jpg

ACEH GAYO LUES・Marpunge  アチェ ガヨ ルゥエス・マルプング

天然90mm。新産地。雄は天然で97.8mmの採集実績。雌に関しては天然で49.8mm(アゴスレなければ50mm)が採集されている驚くべき産地である。


img_20130629-142526.jpg
 

Kalimantan Pur uk Cahu  中央カリマンタン州プルクチャフ

画像の個体は天然75.5mm。新産地。標高700mでの採集。顎幅・体の厚み・前胸板の張り出しなどアチェ産とは二味違う魅力がある。アチェ産との顎の違いをギャラリーにアップしています。


img_20130628-184301.jpg